果たして海外のFXの会社は国内では違法なのか

果たして海外のFXの会社は国内では違法なのか

果たして海外のFXの会社は国内では違法なのか

 

日本国内で売買をしているトレーダーの方々は、たまに海外の会社を誤解しているようです。法律に触れてしまうのではないかと思っている方も、中にはいらっしゃるようですね。海外の会社は、確かに魅力的だと思います。特にキャンペーンの内容などは、日本に比べるとかなり豪華になっていますね。またリターンが高めな売買をする事ができるのも、向こうの金融会社の特徴の1つです。

 

ところが日本でその海外の会社で売買をするとなると、何か法律に触れてしまうのではないかと心配な方もいらっしゃるようです。果たして日本国内において、海外の会社で口座を作るのは、法的には問題無いのか不安なのですね。結論を申し上げれば、別に何も問題はありません。というより、むしろ口座を作った方が良いでしょう。明らかに向こうの会社の方がメリットが大きいですし、何も法的に触れるものはないからです。つまり、特に何も恐れる要素はありません。

 

ではなぜそのような誤解が生じてしまっているかと申しますと、一部の日本人のトレーダーがミスをしてしまっているからだそうです。そもそもこの投資商品で売買をしますと、たまに大きな利益が発生します。ところが利益が大きくなれば、それだけ税金の金額も大きくなるのですね。それは当然です。

 

そして大きな利益が発生している日本人のトレーダーの方々の中には、税金を納め忘れてしまっている方はいらっしゃるようです。逆に、ちょっと確信犯的な方もいらっしゃるようですね。いわゆる脱税をしてしまっている方も、中にはいらっしゃるようなのです。それが発覚して、ちょっと大問題になってしまっている事もあります。その脱税による問題が色々とエスカレートして、上記のような誤解が生じている事が多いと言われています。ちょっと困った話ですね。

 

しかし繰り返しになりますが、海外の会社で口座を作っても何も問題はありません。向こうのFXの会社を利用する分には問題はありませんが、ちょっと税金には気をつけるべきなのですね。