海外の会社を選ぶ基準と新規注文にて約定する確率

海外の会社を選ぶ基準と新規注文にて約定する確率

海外の会社を選ぶ基準と新規注文にて約定する確率

 

投資商品での売買のためには、もちろん約定が必要になります。株投資でもそうですね。最近ではネット媒体で株投資ができるようになってきていますが、あれにも約定という概念があります。もちろんFXにも、そのような概念があるのですが。ところでその約定は、実は案外と大きなポイントになります。なぜなら投資家の方々としては、自分が指定した価格で注文をしたいものだからです。

 

例えばある時に、外貨の金額が33になっているとします。その時に買い玉を保有したいと思った時には、もちろんシステムの所定のボタンをクリックする訳ですね。問題が無い会社であれば、スムーズに新規の注文が成立する事になります。その成立が、いわゆる約定になるのです。ところが海外の会社の場合、その約定の確定率に関する違いがあるので、要注意です。なぜなら向こうの国々の場合は、たまにそれが拒否されてしまう事があるのですね。いわゆる約定拒否と表現される事が多いです。

 

ですので例えば上記のように33のタイミングでクリックをしたものの、それが拒否されてしまう事があるのです。しかも業者によっては、案外とその確率が高いです。10回中1回は、拒否されてしまうようなのですね。もちろん売買をしたいと思っている方にとっては、拒否されるのは困るでしょう。自分の望んでいる金額で売買をしたいと思うのは、至極当然だと思います。

 

ただしその約定確率も、金融会社によって色々違いがあるのです。全体平均は、90%くらいと言われています。ところが中にはその確率がかなり高い所もあり、95%や98%などと様々なのです。つまりその約定確率が、向こうの国々の会社を選ぶ基準の1つになるのです。特にデイトレで売買を行う方にとっては、その確率はかなり大切だと思います。デイトレではスピードが求められる訳ですから、やはりいち早く自分の望むレートで、売買をしたいものだからです。

 

ただそれは実際に使い比べてみないと分からない一面もあります。デモ口座などを上手に活用して、各会社を比べてみると良いでしょう。