スマホで海外のシステムでFXの注文をする2つの方法

スマホで海外のシステムでFXの注文をする2つの方法

スマホで海外のシステムでFXの注文をする2つの方法

 

海外の会社に興味を覚えているFXのトレーダーの方は、やはり多いと思います。向こうの国々のシステムで売買をするメリットは、やはりリターンの大きさでしょう。日本の場合、最大のレバレッジは25になっていますね。しかし海外の場合は明らかにそれよりも高めなので、それだけ多くの資金を動かす事ができます。ところで海外と日本には色々と違いがあるので、人によっては取引のツールに関する不安を覚えている事があるのです。その1つがモバイル媒体なのですね。

 

昨今の日本のFXの会社では、スマホで売買をする事もできます。外出先で売買ができるのは、とても便利なものなのですね。私もよく通勤電車なので、そのモバイル媒体を用いて積極的に売買をしています。ところで、それは日本の話です。果たして海外の会社でもそれを利用する事ができるかどうか、不安な方もいらっしゃるようなのですね。結論から申し上げれば、特に問題ありません。そして向こうの国々の業者の場合は、ちょっと日本よりも多彩になります。なぜなら日本と違って、ソーシャルトレードというシステムがあるからです。

 

ソーシャルトレードというのは、いわゆる業者の独自システムにログインをする方法になります。ただしそのシステムを使うためには、特にアプリを使う必要はないのですね。つまりスマホに対して、何もインストールをする必要はありません。言ってみれば、パソコンのWEB版に近いものになります。大抵のFXの会社では、その公式サイトからログインをして、売買をする事になるでしょう。あれで売買をする時には、パソコンに何もインストールをする必要はありません。それと同じシステムが、スマホにもあるのですね。もちろんアプリを用いて、売買を行う事もできます。

 

ちなみに日本の会社の場合は、そのソーシャルトレードというシステムは無いのですね。あくまでもインストールが必要になるので、ちょっとスマホの容量が必要になるでしょう。すなわち、そのソーシャルトレードの有無が日本と海外の違いの1つと言えます。