週末に窓が開くことが多いので建玉は保有しない方が良い最近のFX

週末に窓が開くことが多いので建玉は保有しない方が良い最近のFX

週末に窓が開くことが多いので建玉は保有しない方が良い最近のFX

 

ここ最近のFXの相場は、ちょっと特殊になってきていると考えます。その理由は窓です。この金融商品の場合、週明けにはたいてい窓が発生するのです。そして、そのタイミングを見計らって売買を行っている方もいらっしゃるでしょう。いわゆる窓埋めのやり方ですね。ところが窓には、もちろんリスクもあります。週末に建玉を保有している方にとっては、大きな損が発生する可能性があるからです。

 

例えば週末の段階で、外貨の金額が32.8になっていたとしましょう。そして週末を迎えたので、とりあえず相場がクローズになったとします。ところが週が明けますと、前述のように窓が開くことが多いですね。そして、それがかなり大きな窓になっている事があるのです。31.5や30円台などになる可能性もゼロではありません。もちろん上記の週末の段階で買い玉を保有している方にとっては、それは大きな損害になってしまうでしょう。後者のように30円台の窓になってしまうと、それこそ大損害になってしまいます。

 

このようなケースは、決して珍しくないのですね。ですので週末の段階では、あまり建玉を保有しない方が良いと言われています。この金融商品に関するニュースを色々見ていると、たまに週末の建玉整理などの表現が用いられる事があるのです。それは、上記のような事例が考えられるからです。ですので週末のタイミングでは、やはり建玉は保有しない方が良いでしょう。スイング派の方々などは、それに気をつけている事が多いようですね。

 

そしてここ最近は、特にその傾向が顕著だと考えます。最近のFXの相場を見ていると、とにかく大きな窓が開くことが多いのですね。先月などは、2週間連続で大きな窓が開いていた事があります。あれで大きな損が発生してしまった方は、やはり多いと思うのです。ですのでここ最近は、やはり週末に建玉は保有しない方が良いでしょう。週末などは建玉をゼロにしておき、新たな気持ちで週明けを迎えるのが良いと考えます。