カードローンを利用するなら金利を知る

カードローンを利用するなら、まずは金利について理解しておきましょう。金利とは貸付利子率のことです。貸付利子率から利息を割り出し、返済時には借りたお金と利息を一緒に返していかなくてはなりませんが、利子率によって利息の負担が変わってくることになります。通常は低金利ほど利息の負担が少なく済むと考えられています。金利は法律で定められた上限の範囲内であれば債権者と債務者の間で自由に取り決めていいことになっています。これを利息制限法といいますが、具体的には借入額10万円未満は年20%まで、借入額10万円以上100万円未満は年18%まで、借入額100万円以上は年15%までが上限となっています。例えば借入額が30万円のケースだと金利は年18%の範囲でかけられることになりますが、仮に年20%でかけられていた場合は超過した年2%分の利息は無効、既に支払ってしまった利息分は請求することで返還してもらうことができます。単純計算で確認してみると、借入額30万円で年18%の場合の年間利息は54000円になりますが、年20%の場合は年間利息が60000円となるので、超過した利息分16000円分が返還してもらえると考えられます。

正規の業者を利用する以上はこうしたトラブルは発生しませんが、基本的な知識として持っておくと安心です。同じ借入額でもカードローンによって金利は変わってくるので、利息の負担を抑えたいと思うのなら各社の利率を確認した上で申込みをしましょう。カードローンでは実質年率から金利を確認できます。例えば実質年率が年4%~18%となっていれば借入額が10万円未満であっても最大で年18%で借りることができるのでお得です。ただし年利率の設定が低いカードローンほど審査が厳しくなるので申込者の条件によっては借り入れが難しい可能性もあるでしょう。そんな時は早めの完済を目指すことで高めの金利でも利息の負担を最小限に抑えることが可能です。