実は良く知らないカードローンとは

カードローンという言葉やよく耳にしますが、実は良く知らないという方も多いのではないでしょうか。実際、カードローンとは何かと問われて、正確に答えられる方は少ないでしょう。そもそもカードローンとは、個人向けの無担保融資のことです。ですので、担保を付けることなくお金を貸しますので、個人の信用を重要視したローンという事になります。ローンには他にも自動車ローンなどがありますが、自動車ローンのように誰でも簡単に借りることができるローンとは異なり、厳しい審査によって判定をされて、場合によっては融資してもらえない場合も出てきます。とは言っても、厳格な年収制限があったりするわけではなく、基本的には定職に就いていて安定した収入が見込めるのであれば申し込みをすることが可能となります。

近年では、融資限度額が10万円程度と比較的少額からの融資も行っている為、アルバイトやパートはもちろん学生や専業主婦であっても親や配偶者の同意があれば融資してもらう事も可能です。また審査もインターネット上で全てが完了するタイプのカードローンも登場している為、家族や会社に知られないように借入をすることもできる特徴があります。ちなみにローンには大きく分けると2つのローンに分けることができて、それを目的ローンとフリーローンの2つがあります。目的ローンはあらかじめ使用する資金の用途が限定されていて、例えば自動車ローンや教育ローンがそれにあたります。そしてもう1つのローンがフリーローンと呼ばれるローンで、これは使用する資金も目的が決まっておらず、借りた資金はどんなことに使っても問題ないローンになります。カードローンとは、このフリーローンにあたるので融資してもらった資金をどんなことに使うかは融資してもらった側の自由になります。その代わり、目的ローンよりも金利が高くなるのもフリーローンであるカードローンの特徴になっていて、これがカードローンの基本的な仕組みになります。(即日カードローン比較の嘘とホント