バーチャルFXでの失敗体験は貴重な財産になる。

バーチャルFXでの失敗体験は貴重な財産になる。

いまの時代、バーチャルなになにとか、空想何々、なんていう言い方がされるときが多いですが、これはなにも今始まったことではなく、けっこう昔からあるものなんですね。バーチャルな世界、これは一見、今風の言葉に思えてしまいそうですが、その意味するところは、けっこう昔からあるんです。とにかく、現実の出来事ではなく、架空の出来事を経験できるっていう意味で大きな間違いはないでしょう。

 

では、いったいどういうところでこの言葉が使われてるのかと言いますと、やっぱりすぐに思い浮かぶのがゲームですね。最近の進化したゲームは本当にリアルで、まさにバーチャルな体験ができるものとなっております。しかし、その一方で、こういうものもございます。それは外国為替証拠金取引、いわゆるFXを始める前段階として試す、バーチャルFXってものなんですね。これがまたおもしろいんです。

 

それではこの特徴をお話しますと、バーチャルFXは、架空の口座を開設して、そこに架空のお金を証拠金として入れます。そして、その証拠金で取引ができるってシステムなんですね。実際のお金を使わずに、あくまでも架空のものでFX取引を体験できるという素晴らしいものでございます。この取引で多額なお金を損失しても、それはあくまでも架空のお金ですから、ご自分の懐は寂しくはなりません。

 

絶対に忘れてはいけないのは、バーチャルFXでの失敗体験ですね。これをなかったことにしてやり過ごすことはやめましょう。バーチャルFXは、たんなるゲームではないんですから。失敗の体験は貴重な財産になる。特に今後FXを続けていくにはなおさらのことでございます。失敗をバネに、なんて使い古された言葉ですが、これ、核心をついてるんですね。そう言い切ってもいいと思います。いつか、どこかからか、ああ、あのときこうやって失敗したんだっけなとか、絶対に思うときがきますから。ですから、FXを始める前には必ず、このバーチャル体験をしてみて下さい。