今から始めるバイナリーオプションの知識学習ブログ

トレードは感情で行っても継続して勝つことはできない

今から始めるバイナリーオプションの知識学習ブログ

 

トレードは感情で行っても継続して勝つことはできないということに気づいているか気づいていないかで今後、勝ち組になるのかそれとも負け組になるのかという明暗分かれる違いが生まれます。

 

トレードというものは優位性のあるルールを作ったら、あとはそれを信じて淡々とエントリーし、あとはロスカットになるかリミットになるか待つだけになります。ここに感情を挟んではいけません。ここがブレてしまうといつまで経っても安定した結果を生み出すことのできる勝ち組トレーダーに成長することは叶いません。いつまでも無駄な時間を費やすことになります。お金も大切ですが、勝てるようにならないと時間という誰しもが限られた資産を無駄に浪費することになり兼ねません。

 

必ず感情任せのダメトレーダーではなく、ルールに沿ったトレードを行なうように気をつけるべきでしょう。そのためには、しっかりとルール通り淡々と行えたかどうかという記録を付けることが良いです。実際に勝てているトレーダーの大半はしっかりとトレードノートを書いているものです。これはインターネットで調べてみて数多の勝ちトレーダーを名乗っている人たちの中でも定番な流れとなっています。もちろん、その中の本物というものは残念ながら外国為替保証金取引の世界では一握りだけであとは偽物なのですけどね。

 

しかしながら、勝てているというトレーダーが記録を付けているというのは紛れもない事実で、これは当方も確認しております。ちなみに当方はそんなに毎週毎週、勝てているトレーダーではありませんが、トータルで見たら余裕でプラスのデイトレーダーです。記録を付けるのは面倒臭いことですが、常にルール通りでぶれていないか、確認するためにも必要な行為であるといえるのではないでしょうか。面倒なのは確かですが、大切なお金を投じているわけで、そこがぶれてしまうとせっかく創りだした優位性のあるルールを活かせないこととイコールであり、無駄になるのです。

 

 

FX自動売買は感情に左右されず過去のパターンをもとに

今から始めるバイナリーオプションの知識学習ブログ

 

株式などのトレード手法のひとつにFX自動売買と呼ばれるものがあります。簡単に説明すると、過去の様々な株価データを分析して、その中から有効なパターンを見つけ出し、そのパターンにしたがって売買を行っていく投資手法のことをいいます。

 

FX自動売買で重要なことの一つは、一度売買ルールを決めたら、感情に左右されず機械的にそのルールにしたがって売買を行っていくことです。投資は上手くいっているうちは良いのですが、上手くいかなくなると途端にストレスが溜まり、感情的に売買を行ってしまいがちになるものです。それでは良い結果を得ることができないばかりか、精神的にも良くありません。それに対してFX自動売買は目の前の結果に一喜一憂せず、淡々と機械的に売買を行っていくことで、ストレスが大きく軽減され、感情に左右されながら売買取引を行うよりも、はるかに良い結果を得ることができることが多いのです。

 

また、FX自動売買が有効な理由は、売買ルールの元となる過去の株価データというのは、投資家たちの集団心理が反映されたものであり、その集団心理はいつの時代もそれほど大きく変わることがないということです。そのため過去の投資家たちの売買パターンを読み解き、現在の相場の流れと照らし合わせることで、今後の相場を予想することができるわけです。もちろん過去のパターン通りに動かない場合もありますが、確率的にはパターン通りに動くことが多いのです。

 

そこで重要になってくることは、自分なりのルールを決めることです。つまり株を買うときの基準となるもの、あるいは売るときの基準となるものなどを決めていきます。この売買ルールは甘めに考えて作ることもできますし、少し辛めに作ることもできます。それは自分のリスク許容度に合わせて決めていくことになるでしょう。もちろん、途中で変更することもできますが、なるべくぶれることなく一回決めたルールにしたがって売買トレードを行っていくことが大切ですね。
参考サイト:FX自動売買の簡単な始め方!選んで設定をするだけでプロ並みの取引開始

 

 

FX自動売買に取り組む注意

今から始めるバイナリーオプションの知識学習ブログ

 

FX自動売買とは、あらかじめ決めておいた一定のルールに従って、機械的・継続的にトレードする方法です。新人投資家にとって一番難しいとされる、利益確定も損切りも機械的に行いますので、損失を少なくし、一定の利益を得ることが可能です。

 

例えば、株式投資の場合、リアルタイムでマーケットを見ていることが必要となり、平日はAM9:00からAM11:30が前場、PM12:30からPM15:00が後場として、為替の場合24時間365日休むことなくマーケットが開いており、サラリーマンやOLなどの時間が雇用による拘束を伴なう人であれば、投資に集中することが出来ないのが事実でしょう。

 

FX自動売買なら、システムが24時間相場を監視して判断し、トレードチャンスがあれば自動的にトレードしてくれます。これにより、投資への取り組みが増え、結果として利益を得る確率は高まるでしょう。ここまではFX自動売買のメリットについて説明しましたが、ここからは投資に関するリスクについてお話します。投資運用は、プロのトレーダーがマーケットでお金を巡る勝負を行なう、言わば戦場であり、素人投資家が考えるような甘いものではありません。

 

例えば、日本株で、注目した銘柄があるとして、株価が上昇するか下落するかの判断をするに、もっとも重要な指標となるのが企業業績です。しかし、業績好調であっても株価は下落することがあり、ただし、一定の下落後に反発することもあります。プロによる空売りや大口の機関投資家による株の売却が行なわれれば、株価に大きく影響することがあります。
投資は、マーケットにおいて参加する皆が持ち寄ったお金を争奪する勝負であり、プロの投資家は、企業業績や将来の成長性、企業規模、業界での強み、ここ数年間の株価の推移、為替による影響、財務内容など多くのファンダメンタルズ要素を判断して大きな資金をマーケットに流通させています。プロでも投資で4割程度の勝率で6割が負けとなり、ただ、損切などの判断が早く、シフトチェンジが早いため、利益が勝っていることが多いのです。投資の難しさを知ることが大切です。

 

 

気軽な気持ちでバイナリーオプション

今から始めるバイナリーオプションの知識学習ブログ

 

将来の事を考えて、投資を始めたいと考えていました。その為、株の相場や為替相場に関心を持つようにしてみた事もあったのですが、仕事や日常生活が忙しくなってくると、すぐに関心を失い、その興味が長続きしない状態の繰り返しでした。この状態で、株やFXを始めても、上手く行かないのではないかと考えるようになりました。そんな時、株やFXよりも、もっと手軽に行える投資方法があると知りました。

 

それが、指定された時間に、相場が上がるか下がるかを予想するだけと、とても簡単なシステムのバイナリーオプションでした。最初は、ゲーム感覚で出来て楽しそうだというイメージでした。ですが、相場が暴落したとしても、その時に賭けている100円や1,000円等の金額を失うだけで済むという、デメリットの少なさが魅力的に感じました。勿論、多くの金額を賭けて、その予想が外れれば、その分を失ってしまう事になりますが、株やFXのように、一気に財産が半分になってしまうという事がないというのは、安全性が高いと感じました。

 

更に、少額でも始める事が出来る為、少しずつ、予想に慣れていく事が出来るというのも良いと感じ、まずは損をしても惜しくない程度の金額から始めてみる事にしました。ただ、惜しくない金額といってもなるべく減らしたくはないと考え、100円から始められるバイナリーオプションを選び、最初は100円で始めてみる事にしました。たった100円であっても、数分後に、なくなるか増えるかの結果が出る事になります。

 

それを考えると、かなり真剣になりました。その真剣さが良かったのか、最初の予想は見事に的中しました。その後は、何度か外れる事もあり、勝ち続けるのは難しいと感じましたが、マイナスにはならず、悪くない投資法だと感じました。バイナリーオプションを始めて、毎月、大儲けをするという状態ではありません。ですが、徐々に手持ちのお金が増えていく実感はあり、今は満足しています。

 

 

手軽な投機、バイナリーオプション

今から始めるバイナリーオプションの知識学習ブログ

 

バイナリーオプションは為替を利用した投機の一種で、近年その手軽さと分かりやすさで人気が出てきています。やり方はとても簡単で、ポジションを入れた後、一定期間の内にその為替レートが上がるか下がるかを予想するだけです。その予想が的中したら報酬がもらえ、外れると掛金が没収されるというシステムで、丁半博打に似たわかりやすさが特徴です。
そのまま勝ち進めば、当然もらえる報酬もその分高額になります。

 

参加費用も安く、最初は500円から始められるところもあります。日本のバイナリーオプションはポジションを入れてから結果が出るまでに1時間〜1日かかりますが、海外の場合は5分後の結果を予測するという、予測を立てやすい会社もあるようです。海外のバイナリーオプションのサイトは当然日本以外の言語が使われていますが、それほど高い英語力は要求されません。

 

為替を利用した投機というとFXが連想されますが、バイナリーオプションとFXが異なるのは、FXの場合は強制ロスカットが適用されない限り、自分自身で利益確定を行う作業が必要になるので利益幅を自分自身で決めることが可能です。また、FXはスワップポイントという長期で運用するスタイルもあり、レバレッジを低く設定することで外貨預金的な投資としても活用できるのですが、バイナリーオプションは短期で結果を出すタイプがほとんどです。

 

このように、バイナリーオプションは手軽な投機として人気が出てきていますが、同時にその業者と「報酬が引き出せない」といったトラブルも聞かれています。特に海外の業者とのトラブルが多いようなので、事前にその業者がトラブルを抱えていないか調べておくことは大切です。バイナリーオプションを有利に利用するには、FX程でないにしてもある程度の為替の知識は必要になります。そして、バイナリーオプションも少額とはいえ投資や投機になります。これらは自己責任なので、よく言われているように余裕資金でお楽しみください。

 

週末に窓が開くことが多いので建玉は保有しない方が良い最近のFX

 

ここ最近のFXの相場は、ちょっと特殊になってきていると考えます。その理由は窓です。この金融商品の場合、週明けにはたいてい窓が発生するのです。そして、そのタイミングを見計らって売買を行っている方もいらっしゃるでしょう。いわゆる窓埋めのやり方ですね。ところが窓には、もちろんリスクもあります。週末に建玉を保有している方にとっては、大きな損が発生する可能性があるからです。

 

例えば週末の段階で、外貨の金額が32.8になっていたとしましょう。そして週末を迎えたので、とりあえず相場がクローズになったとします。ところが週が明けますと、前述のように窓が開くことが多いですね。そして、それがかなり大きな窓になっている事があるのです。31.5や30円台などになる可能性もゼロではありません。もちろん上記の週末の段階で買い玉を保有している方にとっては、それは大きな損害になってしまうでしょう。後者のように30円台の窓になってしまうと、それこそ大損害になってしまいます。

 

このようなケースは、決して珍しくないのですね。ですので週末の段階では、あまり建玉を保有しない方が良いと言われています。この金融商品に関するニュースを色々見ていると、たまに週末の建玉整理などの表現が用いられる事があるのです。それは、上記のような事例が考えられるからです。ですので週末のタイミングでは、やはり建玉は保有しない方が良いでしょう。スイング派の方々などは、それに気をつけている事が多いようですね。

 

そしてここ最近は、特にその傾向が顕著だと考えます。最近のFXの相場を見ていると、とにかく大きな窓が開くことが多いのですね。先月などは、2週間連続で大きな窓が開いていた事があります。あれで大きな損が発生してしまった方は、やはり多いと思うのです。ですのでここ最近は、やはり週末に建玉は保有しない方が良いでしょう。週末などは建玉をゼロにしておき、新たな気持ちで週明けを迎えるのが良いと考えます。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:28:09

スマホで海外のシステムでFXの注文をする2つの方法

 

海外の会社に興味を覚えているFXのトレーダーの方は、やはり多いと思います。向こうの国々のシステムで売買をするメリットは、やはりリターンの大きさでしょう。日本の場合、最大のレバレッジは25になっていますね。しかし海外の場合は明らかにそれよりも高めなので、それだけ多くの資金を動かす事ができます。ところで海外と日本には色々と違いがあるので、人によっては取引のツールに関する不安を覚えている事があるのです。その1つがモバイル媒体なのですね。

 

昨今の日本のFXの会社では、スマホで売買をする事もできます。外出先で売買ができるのは、とても便利なものなのですね。私もよく通勤電車なので、そのモバイル媒体を用いて積極的に売買をしています。ところで、それは日本の話です。果たして海外の会社でもそれを利用する事ができるかどうか、不安な方もいらっしゃるようなのですね。結論から申し上げれば、特に問題ありません。そして向こうの国々の業者の場合は、ちょっと日本よりも多彩になります。なぜなら日本と違って、ソーシャルトレードというシステムがあるからです。

 

ソーシャルトレードというのは、いわゆる業者の独自システムにログインをする方法になります。ただしそのシステムを使うためには、特にアプリを使う必要はないのですね。つまりスマホに対して、何もインストールをする必要はありません。言ってみれば、パソコンのWEB版に近いものになります。大抵のFXの会社では、その公式サイトからログインをして、売買をする事になるでしょう。あれで売買をする時には、パソコンに何もインストールをする必要はありません。それと同じシステムが、スマホにもあるのですね。もちろんアプリを用いて、売買を行う事もできます。

 

ちなみに日本の会社の場合は、そのソーシャルトレードというシステムは無いのですね。あくまでもインストールが必要になるので、ちょっとスマホの容量が必要になるでしょう。すなわち、そのソーシャルトレードの有無が日本と海外の違いの1つと言えます。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:27:09

電子マネーなど入金方法が多彩な海外のFX

 

私たちが用いている商品によっては、国によって大きな違いが見られるものもあります。その1つがFXなのですね。もちろん日本の国内の多くの金融会社では、その外貨での投資商品を取り扱っています。しかし海外の会社も、それを取り扱っているのですね。国内と海外には色々と違いがありますが、その1つが入金をする方法の多彩さです。海外の会社の方が、圧倒的に多彩なのですね。

 

まず日本国内の会社の場合、まず間違いなく銀行振り込みになります。ごく稀にカード払いができる会社もあるのですが、それは本当に数が少ないです。基本的にはWEB媒体での銀行振り込みによって、金融会社の所定の口座に入金をする事になります。ところが海外の会社の場合、もっと多彩な方法での入金が可能なのですね。例えば前述のカード払いが採用されている会社などとても多いですし、電子マネーを採用している会社も多く見られるのですね。

 

日本の会社の場合、電子マネーで入金ができるケースはほとんど見られません。前述のように銀行振り込みが原則になるからです。ですのでそれは、日本と海外の違いの1つと言えます。それと、海外送金というシステムですね。いわゆる銀行などを用いて、向こうの国に対してお金を送るサービスなのですが、もちろん日本のFXでその送金は利用しないでしょう。ただその方法の場合は、手数料とスピードのメリットがあります。ですのでそれを利用している方々は、ちょっと人数が少ないと言われています。

 

ちなみに電子マネーで入金ができると申し上げましたが、それにはまた多彩な種類があるのですね。クレジット払いになる電子マネーもあれば、そうでないタイプもあります。このように海外の会社の場合、日本では採用されていない入金方法がいくつもあるのですね。かなり多岐に渡るのが特徴です。上記の方法の中では、電子マネーやクレジット払いなどが良いのではないでしょうか。手数料もリーズナブルですし、手続きも早いからです。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:27:09

海外の会社を選ぶポイントと本人確認の書面の有無

 

FXの会社で口座を作る時には、やはり会社の見極めは大切だと考えます。特に海外の場合は、その傾向が顕著ですね。残念ながら向こうの国々の会社の中には、あまり良くない所も見られるようです。稀に出金を拒否してくるような会社もあるようなので、気をつけた方が良いですね。それを避けるためにも、良い会社を選ぶべきでしょう。ではどのようにして会社を見極めるば良いかと申しますと、その基準の1つが身分証明書なのです。当然ですが日本の会社で口座を作る時には、必ずと言って良いほど身分証を送付することになりますね。もちろんその意味は、本人確認のためです。

 

そして、やはり本人確認を行っている会社は、それなりにきちんとしていると思います。そもそもやり方に何か問題がある会社の場合は、本人確認をしていないことがあります。いい加減なやり方で運営をしているような会社の場合は、たまに確認をせずにどんどん顧客を集めている事があるようなのですね。そのような会社に限って、トラブルが発生する事があるので要注意です。

 

そして前述の海外の場合は、ちょっと注意を要するようです。海外の状況は様々なのですが、中にはその確認を怠っている所もあるようなのです。理由は、もちろん少しでも多くの顧客を集めるためです。しかし、そもそも本人確認も行われないのは、ちょっと疑問でしょう。まともな会社であれば、やはり本人確認を行うのが自然だと思います。それを行わずに手続きを急ぐような会社の場合は、やはり注意を要するのではないでしょうか。現実にそのような会社が見られるようなので、ちょっと気をつけた方が良いですね。最低でも本人確認を行ってくれる会社を、選ぶべきだと思います。

 

ちなみに海外と違って日本の会社の場合は、まずそのような事はありません。FXの口座を作る段階で、きちんと身元証明書の提示が求められるものだからです。向こうの国々はルールなどが色々多彩ですので、ちょっと気をつけた方が良いですね。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:27:09

海外の会社を選ぶ基準と新規注文にて約定する確率

 

投資商品での売買のためには、もちろん約定が必要になります。株投資でもそうですね。最近ではネット媒体で株投資ができるようになってきていますが、あれにも約定という概念があります。もちろんFXにも、そのような概念があるのですが。ところでその約定は、実は案外と大きなポイントになります。なぜなら投資家の方々としては、自分が指定した価格で注文をしたいものだからです。

 

例えばある時に、外貨の金額が33になっているとします。その時に買い玉を保有したいと思った時には、もちろんシステムの所定のボタンをクリックする訳ですね。問題が無い会社であれば、スムーズに新規の注文が成立する事になります。その成立が、いわゆる約定になるのです。ところが海外の会社の場合、その約定の確定率に関する違いがあるので、要注意です。なぜなら向こうの国々の場合は、たまにそれが拒否されてしまう事があるのですね。いわゆる約定拒否と表現される事が多いです。

 

ですので例えば上記のように33のタイミングでクリックをしたものの、それが拒否されてしまう事があるのです。しかも業者によっては、案外とその確率が高いです。10回中1回は、拒否されてしまうようなのですね。もちろん売買をしたいと思っている方にとっては、拒否されるのは困るでしょう。自分の望んでいる金額で売買をしたいと思うのは、至極当然だと思います。

 

ただしその約定確率も、金融会社によって色々違いがあるのです。全体平均は、90%くらいと言われています。ところが中にはその確率がかなり高い所もあり、95%や98%などと様々なのです。つまりその約定確率が、向こうの国々の会社を選ぶ基準の1つになるのです。特にデイトレで売買を行う方にとっては、その確率はかなり大切だと思います。デイトレではスピードが求められる訳ですから、やはりいち早く自分の望むレートで、売買をしたいものだからです。

 

ただそれは実際に使い比べてみないと分からない一面もあります。デモ口座などを上手に活用して、各会社を比べてみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:27:09

スプレッドだけでなく手数料も含めて比べる方が良い海外FX

 

私たちが金融会社を選ぶ基準の1つに、手数料があります。当然ですが、手数料が割安な会社の方が、私たちは大きなメリットを感じるものです。特にデイトレなどで売買を行っている方々は、その傾向が顕著でしょう。わずか1回限りの売買であれば手数料の差はあまり大きくないかもしれませんが、やはり積み重なると軽視できないからです。デイトレの方々は、売買の回数は多くなりがちですね。

 

ところでFXの会社を選ぶ時も、それは同じです。手数料の高低で、会社を比べている方々も非常に多いでしょう。そしてデイトレとなると、やはり人々はスプレッドで選んでいる傾向があります。もちろんその幅が狭い方が、それだけ売買コストは少なくなる傾向があるのですが、残念ながらそれが唯一の基準ではありません。スプレッドだけでなく、もう1つの手数料も重視した方が良いのですね。特に海外の会社を利用する時には、それは気をつけた方が良いです。

 

例えば会社Aのスプレッドが0.3になっていて、Bの場合は0.6になっているとしましょう。もちろんその数字だけ着目すれば、Aの方がメリットが大きいように見えます。しかし実際には、そうではないケースがあるのです。A社の場合は確かに0.3になっていますが、それとは別に手数料が発生する事があるのです。いわゆる注文のための手数料ですね。銀行の手数料と似たようなものです。

 

そしてその手数料を含めた数字で考えると、むしろBの方がお得になる事があるのです。スプレッドに換算をすると、Aの場合は0.7以上になってしまう事があります。ですので単純にそのスプレッドの幅だけで比較をするのではなくて、トータルの手数料を良く見て比較をする方が良いでしょう。何せ日本の会社と違って、海外の会社の場合は手数料が有料になっている事がよくあります。しかもそれがとても分かりづらいのですね。一歩間違うと割高な手数料の会社でFXの売買をする事になってしまいますので、コストはよく確認する方が良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:27:09

成績が上位になると賞金を受け取れる海外のFX

 

海外のFXには、日本とは色々と違う特徴があります。それこそ様々な違いがありますが、例えばレバレッジですね。日本ではその倍数は最大25ですが、海外の場合はそれこそ1,000近くに設定する事もできます。それだけハイリスクハイリターンの売買ができるので、それに面白味を感じている方もいらっしゃるでしょう。確かにそれも日本との違いの1つなのですが、他にも違いがあって、その1つがコンテストなのです。海外の会社の場合は、しばしばコンテストを開催しているのですね。

 

海外の会社におけるコンテストのメリットですが、賞金です。やり方なのですが、まずはコンテストの機関中に注文をします。そしていつも通り利益を狙う事になるのですね。そしてその期間中の損益などは、全て自動的に集計されます。もちろん利益が多いトレーダーの方が、上位という事になります。そして、それは常にランキング形式で掲載されていくのですね。ところでそのランキングで上位になりますと、お金を受け取れる事が多々あるのです。つまりコンテストには、賞金があるのですね。そのコンテストの賞金がかなり高めになっている事もあるので、それに参加をするメリットは大きいと思います。

 

ところが日本の会社の場合は、そのようなコンテストがほとんど無いのですね。たまにランキング形式で、トレーダーの方々の売買成績が、一覧表で掲載されている事はあります。しかしその表に掲載されても、特に賞金が発生する事はありません。ですのでそれは日本と海外との違いの1つと言えるでしょう。ただし日本の会社でも、デモ口座の場合は話は別です。あの口座でも、たまにコンテストが開催されているのですね。そして上位になりますと、たまに商品を受け取れる事があるのです。

 

しかし海外と日本のコンテストを比較してみると、正直向こうの国々の内容の方が、かなり豪勢になっています。そもそも商品がかなり高いからです。その意味では、ある意味日本よりも海外のFXの方がメリットは大きいでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:26:09

果たして海外のFXの会社は国内では違法なのか

 

日本国内で売買をしているトレーダーの方々は、たまに海外の会社を誤解しているようです。法律に触れてしまうのではないかと思っている方も、中にはいらっしゃるようですね。海外の会社は、確かに魅力的だと思います。特にキャンペーンの内容などは、日本に比べるとかなり豪華になっていますね。またリターンが高めな売買をする事ができるのも、向こうの金融会社の特徴の1つです。

 

ところが日本でその海外の会社で売買をするとなると、何か法律に触れてしまうのではないかと心配な方もいらっしゃるようです。果たして日本国内において、海外の会社で口座を作るのは、法的には問題無いのか不安なのですね。結論を申し上げれば、別に何も問題はありません。というより、むしろ口座を作った方が良いでしょう。明らかに向こうの会社の方がメリットが大きいですし、何も法的に触れるものはないからです。つまり、特に何も恐れる要素はありません。

 

ではなぜそのような誤解が生じてしまっているかと申しますと、一部の日本人のトレーダーがミスをしてしまっているからだそうです。そもそもこの投資商品で売買をしますと、たまに大きな利益が発生します。ところが利益が大きくなれば、それだけ税金の金額も大きくなるのですね。それは当然です。

 

そして大きな利益が発生している日本人のトレーダーの方々の中には、税金を納め忘れてしまっている方はいらっしゃるようです。逆に、ちょっと確信犯的な方もいらっしゃるようですね。いわゆる脱税をしてしまっている方も、中にはいらっしゃるようなのです。それが発覚して、ちょっと大問題になってしまっている事もあります。その脱税による問題が色々とエスカレートして、上記のような誤解が生じている事が多いと言われています。ちょっと困った話ですね。

 

しかし繰り返しになりますが、海外の会社で口座を作っても何も問題はありません。向こうのFXの会社を利用する分には問題はありませんが、ちょっと税金には気をつけるべきなのですね。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:26:09

日本円以外で預けることができる海外のFXの会社

 

FXの会社というのは、とても多彩です。日本国内の会社だけ見ても、かなり多数の会社が見られます。どこも同じように見えて、色々と相違点が多いと思うのですが。ところで数ある会社の中には、海外の金融会社もあります。私は最近、その海外の会社に対して興味を持っているのです。海外の会社の場合は、比較的ハイリターンな注文ができるのが魅力ですね。その分、リスクが若干高めにはなってくるのですが。かえってそれが面白いと思っている方も多いようです。

 

ところで海外の会社の場合、日本とはちょっと異なるシステムが見られます。その1つが預ける通貨です。そもそも日本の金融会社に対してお金を預けるとなると、もちろん日本円になるでしょう。あまり日本の銀行に対して、外貨を預けている方はいらっしゃらないと思います。もちろん、中にはいらっしゃると思うのですが、かなり少数だと思います。大抵は日本円ですね。

 

ところが海外の会社の場合、外貨で預けることもできます。例えば色々な金融会社の中には、アメリカの会社もあるのですね。そしてアメリカの場合は、もちろん米ドルが用いられています。その米ドルを、外国の会社に預けることができる訳です。日本円ではありません。では海外の会社に対してドル建てで預ける意味は何なのかと申しますと、円安による利益が期待できる点です。例えば米ドルが120円のタイミングであれば、日本円の100万に相当する金額は、およそ8,333ドルになります。もちろんその8,333ドルで、海外の会社に預けることができるのですね。

 

それで例えば、数年後にレートが130になったとしましょう。その場合は、約108万になります。つまり差し引き8万円分の利益が発生する事になるのですね。それがドル建てで預けることのメリットです。ただしその逆もあり得るのです。もちろん円高になってしまえば、マイナスになってしまいます。ちょっとそれは怖いですね。またドル建てにすると、金融会社に預けている金額がよく分からなくなってしまう事もあります。ですので海外のFXを利用する際は、やはり円建てが一番良いと思う次第です。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:26:09

FXの自動の注文に関するセミナーに興味がある

 

ここ最近の私は、FXの自動のシステムに興味を持っています。なぜなら最近、私の仕事がちょっと忙しくなってきたのです。少し前までは仕事に余裕があったのですが、最近はちょっと帰宅時間も遅いですね。会社での拘束時間もかなり長めですので、以前のように裁量取引をするのが難しくなってきているのです。ちなみに裁量取引というのは、手動での売買になります。

 

ところで上記の自動のシステムの場合は、もちろんオートマチックな売買になるのです。たとえ会社にて作業をしている間も売買をしてくれる訳ですから、私にとってはとても便利なシステムだと考えています。ただしその自動のシステムは、必ずしも簡単ではないようなのですね。やり方を間違えてしまいますと、損失になってしまう可能性もあります。そこで私は、最近ちょっとセミナーに参加しようかなと思っているのです。金融会社は公式サイトにて、随時セミナー情報を提供していますね。そのセミナーの種類も非常に多彩で、前述の裁量取引に関する内容は本当に多いです。

 

ところが中には、前述の自動のシステムに関するセミナーがあるのです。実は最近私は、ある金融会社に興味を持っています。その会社の場合は、ちょっと独自のシステムがあるのですね。ほとんど放置にしていても、自動的に売買を行ってくれますので、大変便利だと考えています。そしてすでに私は、その会社のデモ口座も保有しています。すでに何回か売買を行っているのですね。

 

ところが、ちょっと失敗も発生しているのです。確かにそれはかなり利益率が高めな方法なのですが、一歩間違うと損失になってしまう事があります。そこで私は、前述のセミナーに参加しようと思っているのですね。幸いにもそのイベントは、誰でも参加をする事ができるようです。ちょっと会場に足を運ぶ手間がありますが、それでも参加するメリットは大きいと考えています。このようにFXのセミナーの中には、自動システムに関わるものもあります。今までそれを1回も使った事が無いのであれば、一度は参加してみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/09 07:26:09